見極めるべき風俗店とは

自分を守る為に風俗店を見極めよう!

風俗の種類について

届出はしていますか?

風俗の面談と言えば、店舗側がアナタの経験や性的なサービスについていくつか質問し、双方に問題が無ければ待遇の話になるのがほとんどです。しかしこれだけでは優良店なのか見極める事は出来ません。
面談の際に、必ず届出を出しているのかを確認しましょう。届出と言うのは風営法が定めている営業形態をする際に、公安委員会から認めてもらったと言う証明書です。これが無ければ当然違法になります。ちなみに許可証にはいくつか種類があり、ヘルスの場合は店舗型性風俗特殊営業確認書2号が必要です。デリヘルの場合は無店舗型性風俗特殊営業届出確認書も合わせて必要なので気を付けて下さい。
そしてもう一つ重要なのは、身分証明書の提示を求めているかです。当然ながら未成年は風俗で働けないので、面談の際にチェックしてみましょう。

本番行為について

別の項目でも説明した様に、風俗の中で本番行為が認められているのはソープランドのみです。ヘルスでは厳禁ですし、仮に本番行為をしているところが明るみに出るとアナタだけでは無く、店舗も営業停止となります。その為店舗側でも本番行為に関しては、かなり神経質になっています。
面談でもし本番行為を求められた時の対処方法を聞いてみて下さい。優良店であればすぐに断り、それでも強要するなら速やかにフロントへ連絡する様にと伝えるはずです。更に店舗が処罰対象になると説明してくれたら、間違いありません。
ここで雰囲気に身を任せる、お客さんは大切だと言った曖昧な返答でごまかすのなら違法店の可能性が高く、働いている内に本番行為を促してくる可能性もあります。